テストテストテスト

利用者規約
新規利用申込書 ログイン

不動産業界のWEB担当者向けコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは奥が深く、SEOの基本を理解してページを追加したりサイトをリニューアルしていかないと、予測通りの結果にならないことが多くあります。
まずはSEOの基本を理解して、正しくコンテンツを追加していきましょう。

SEO対策には、サイト内部に施す内部対策とサイト外部に施す外部対策の二種類があります。一昔前までは即効性のある外部対策の方を重視されていましたが、今は両方とも同等に重要です。

・・・つづきはこちら

土地やマンション、戸建などの売買や賃貸物件を探す時、まずはネットで検索するという人が多いと思います。そこで、不動産会社のウェブサイトのSEO対策についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

競争が激しい日本の不動産業界ではSEO対策も激化しています。そこでウェブ担当者はGoogleのペンギンアップデートやSEOについて、よく理解して対策を行うことが大事です。

・・・つづきはこちら

パンダアップデートとは、Googleが検索結果の品質を高めるために導入したアルゴリズムアップデートの名称で、「白黒はっきりさせる」という意味を込めて「パンダ」と名づけられました。

・・・つづきはこちら

2015年10月頃、Google検索のアップデートで大きな順位変動を示すゾンビアップデート現象が起こりました。原因は諸説ありますが、公式発表はなく詳しいことは分かっていません。

・・・つづきはこちら

Webページのタイトルとその要約であるmeta情報の構築は、有効なSEO対策上の基本です。関連キーワードをタイトルやmeta情報内に組み込むと、クリック率が効率的に向上します。

・・・つづきはこちら

リスティング広告とSEOとの違いについて、それぞれが検索結果のどこにどう表示されており、どのような違いがあるのかについて分かりやすく説明していきます。

・・・つづきはこちら

Googleはモバイルで上位表示させるか否かの重要なポイントとして、そのサイトがスマホ最適化がされているか否かを重要な指標の1つとして置いています。

・・・つづきはこちら

SEO対策はWEB戦略の中でも特に大事なものです。不動産業界はネットでの集客が当たり前なので、SEOにも力を入れています。コンテンツを重要視するような対策が求められます。

・・・つづきはこちら

不動産業界もそれ以外の業界にとっても、WordPressというCMSシステムは活用すべきものです。有益なコンテンツを載せていくこともできるので、集客効果も見込めるでしょう。

・・・つづきはこちら

Googleの無料ツール「サーチコンソール」はSEO対策において自社サイトがGoogleにどう見られているかを認識し、どのように改善すると良いかを知るのに必須です。

・・・つづきはこちら

仕事上で資産家にアプローチをしたい場合、日本の資産家の情報をどうしたら得ることが出来るのでしょうか?そのような場合には、「登記簿図書館の資産家リスト」がおすすめです。

・・・つづきはこちら

Webの製作者にとっては、web サイト構築やデザインなど、山のように考えることがありますが、犯罪などに巻き込まれないために「セキュリティ問題」も行う必要があります。

・・・つづきはこちら

スマートフォンサイトの作成についてはいくつか作成方法があります。スマートフォンの対応は、そのサービスでのWebプロモーション戦略に合う方法を使うことが重要になってきます。

・・・つづきはこちら

不動産情報サイトには検索エンジンの最適化とランキングアルゴリズムが重要です。訪問者を増やすには検索エンジンでの上位ヒットが条件で、そのカギとなるのがランキングアルゴリズムです。

・・・つづきはこちら

SEO対策は、検索サイトで上位表示させるために重要です。多くはキーワードを入力して上位表示される一部のHPを閲覧するに留まるので、ユーザーが入力しやすいキーワードを予測しましょう。

・・・つづきはこちら

当社しか行っていない事業のいろいろ

登記簿図書館登記情報が法務局よりも
安く便利に取得できる
JTNマップ地図から登記情報が
取得できる
登記情報の名寄せ機能名前・会社名から
登記情報を取得
登記見張り番登記変動があったもの
がすぐに判る
マンション索引簿分譲マンションの
登記情報取得に活躍
オーナーチェンジ速報地主・大家さんの動きが
リアルタイムに解る!
登記簿出前一丁FAX2時間以内
原本翌日配送