テストテストテスト

利用者規約
新規利用申込書 ログイン

不動産業界のWEB担当者向けコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは奥が深く、SEOの基本を理解してページを追加したりサイトをリニューアルしていかないと、予測通りの結果にならないことが多くあります。
まずはSEOの基本を理解して、正しくコンテンツを追加していきましょう。

SEO対策には、サイト内部に施す内部対策とサイト外部に施す外部対策の二種類があります。一昔前までは即効性のある外部対策の方を重視されていましたが、今は両方とも同等に重要です。

・・・つづきはこちら

土地やマンション、戸建などの売買や賃貸物件を探す時、まずはネットで検索するという人が多いと思います。そこで、不動産会社のウェブサイトのSEO対策についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

競争が激しい日本の不動産業界ではSEO対策も激化しています。そこでウェブ担当者はGoogleのペンギンアップデートやSEOについて、よく理解して対策を行うことが大事です。

・・・つづきはこちら

パンダアップデートとは、Googleが検索結果の品質を高めるために導入したアルゴリズムアップデートの名称で、「白黒はっきりさせる」という意味を込めて「パンダ」と名づけられました。

・・・つづきはこちら

2015年10月頃、Google検索のアップデートで大きな順位変動を示すゾンビアップデート現象が起こりました。原因は諸説ありますが、公式発表はなく詳しいことは分かっていません。

・・・つづきはこちら

Webページのタイトルとその要約であるmeta情報の構築は、有効なSEO対策上の基本です。関連キーワードをタイトルやmeta情報内に組み込むと、クリック率が効率的に向上します。

・・・つづきはこちら

リスティング広告とSEOとの違いについて、それぞれが検索結果のどこにどう表示されており、どのような違いがあるのかについて分かりやすく説明していきます。

・・・つづきはこちら

Googleはモバイルで上位表示させるか否かの重要なポイントとして、そのサイトがスマホ最適化がされているか否かを重要な指標の1つとして置いています。

・・・つづきはこちら

SEO対策はWEB戦略の中でも特に大事なものです。不動産業界はネットでの集客が当たり前なので、SEOにも力を入れています。コンテンツを重要視するような対策が求められます。

・・・つづきはこちら

不動産業界もそれ以外の業界にとっても、WordPressというCMSシステムは活用すべきものです。有益なコンテンツを載せていくこともできるので、集客効果も見込めるでしょう。

・・・つづきはこちら

Googleの無料ツール「サーチコンソール」はSEO対策において自社サイトがGoogleにどう見られているかを認識し、どのように改善すると良いかを知るのに必須です。

・・・つづきはこちら

仕事上で資産家にアプローチをしたい場合、日本の資産家の情報をどうしたら得ることが出来るのでしょうか?そのような場合には、「登記簿図書館の資産家リスト」がおすすめです。

・・・つづきはこちら

Webの製作者にとっては、web サイト構築やデザインなど、山のように考えることがありますが、犯罪などに巻き込まれないために「セキュリティ問題」も行う必要があります。

・・・つづきはこちら

スマートフォンサイトの作成についてはいくつか作成方法があります。スマートフォンの対応は、そのサービスでのWebプロモーション戦略に合う方法を使うことが重要になってきます。

・・・つづきはこちら

不動産情報サイトには検索エンジンの最適化とランキングアルゴリズムが重要です。訪問者を増やすには検索エンジンでの上位ヒットが条件で、そのカギとなるのがランキングアルゴリズムです。

・・・つづきはこちら

SEO対策は、検索サイトで上位表示させるために重要です。多くはキーワードを入力して上位表示される一部のHPを閲覧するに留まるので、ユーザーが入力しやすいキーワードを予測しましょう。

・・・つづきはこちら

web戦略に欠かせないのが広告配信ですが、ダイナミックリターゲティング広告は非常に重要度が高いです。それぞれのユーザーが特に興味を持っている内容の広告を自動配信することができます。

・・・つづきはこちら

不動産業者もwebを使って集客をしていますが、その際に物件のデータフィードを活用します。いかにして作るか、そして変換をするかが重要です。業者に変換を依頼することもできます。

・・・つづきはこちら

不動産業界において、リスティング広告は不可欠な存在となりつつあります。特に広告カスタマイザを使って広告文に地域名を入れると、かなりパフォーマンスが良くなるでしょう。

・・・つづきはこちら

web集客を行うのであれば、是非ともキーワード挿入をすべきです。リスティング広告文に検索クエリを挿入することで、不動産業者も今まで以上に成果を挙げられそうです。

・・・つづきはこちら

webサイトはデザインが命だといわれますが、不動産業界においても同様です。ただ美しいデザインでなく、ユーザーが使いやすいデザインを実現させるとコンバージョン率が上がるでしょう。

・・・つづきはこちら

動的検索広告を用いることによって、集客力を相当高めることもできるのですが、同時にリスティング広告の際に気がかりな、運用工数の削減にも繋がります。web集客では欠かせない方法です。

・・・つづきはこちら

クロスメディア戦略はあまり耳にしない戦略名ですが、不動産業者も広告による集客をする上で、重要視したいやり方となります。クロスメディア戦略を賢く使うことをおすすめします。

・・・つづきはこちら

web戦略の中でも重要度が高いのがSEO対策ですが、適したキーワード選びができれば成功率は高まります。その際に使いたい機能がサジェスト機能ですがこれでユーザーのニーズに気づけます。

・・・つづきはこちら

webを活用した集客活動はもはや欠かすことができません。リスティング広告を活用することによって、アクセスを集めることができるため、賢く集客できるようになるでしょう。

・・・つづきはこちら

不動産業者がFacebookを活用してマーケティングを行うことも多くなりました。Facebookであれば、検索エンジンを使う場合と異なったアプローチができ、広告にも活用できます。

・・・つづきはこちら

不動産に関する広告を出稿する際は、Twitter広告に注目したいです。自由度の高いweb戦略ができ、コストパフォーマンスにも優れています。ターゲット指定ができる点も魅力です。

・・・つづきはこちら

不動産業者にとってInstagramを使用した広告活動は有益です。複数種類の広告サービスが用意されており、物件内容にマッチした方法でのアピール可能です。画像、動画の使用ができます。

・・・つづきはこちら

多くの人は物件を探す際に、様々なメディアから情報を集めるため、不動産業界は広告に力を入れる必要があります。web広告が主流になりつつありますが、マス広告も欠かせません。

・・・つづきはこちら

最近ではスマホやパソコンを使用して不動産会社や物件を探す人が多いため、webを活用し集客活動に力を入れる必要があります。そのひとつに、アドネットワークという手法があります。

・・・つづきはこちら

不動産業者にとってweb戦略は欠かせません。検索エンジンで上位表示になることで、集客数が反映されます。効果的なSEO対策を行うためには専門業者のサポートが望ましいです。

・・・つづきはこちら

不動産業界は、他の業界以上にweb効果が大きく反映されるため、webの一部分に頼るのではなく様々な面でデジタルマーケティングのチャネルを活用していくと集客につながっていくでしょう。

・・・つづきはこちら

プロモーション動画は不動産業界でも欠かすことができません。文章や写真に比べて販促効果が期待できるプロモーション動画を活用して、物件はもちろん、不動産会社の個性をアピールしましょう。

・・・つづきはこちら

不動産会社がwebで集客をするためには、手軽に始めることができるブログがおすすめです。自社のアピールをブログで行ったり、物件付近の情報を載せたりなど様々な使い方ができます。

・・・つづきはこちら

物件を購入する際には、必ず内見をしますが、まだ完成していない物件を購入するのは購入者にとっては不安なことです。このような場合にVR動画を活用することで安心を確保することができます。

・・・つづきはこちら

不動産業界のweb担当者は、360度動画を活用して集客をしてみてはいかがでしょうか。360度動画は静止画と比較して、情報伝達能力が5000倍もあると言われています。

・・・つづきはこちら

ビジネスシーンではweb戦略によって集客は大きく変化するものです。そこで高い効果を発揮しているのはLINE@でしょう。顧客にマンツーマンで対応も出来るので、不動産業にもおすすめです

・・・つづきはこちら

不動産業においてweb戦略は欠かせないものですが、そこでおすすめしたいのがアクセス数の高いポータルサイトへの登録です。こういったサイトが窓口となって集客に繋げることが出来ます。

・・・つづきはこちら

不動産業界のweb担当者は、web上で集客するために様々な工夫をしなければなりません。特に、物件の写真は重要です。お客様に対して、より物件の良さが伝わる写真を掲載しましょう。

・・・つづきはこちら

不動産業界では、webを活用して集客に繋げている不動産会社が多いです。集客効果がある施策の1つに、バナー広告があります。バナーの成果を確実にあげるためのポイントを知りましょう。

・・・つづきはこちら

不動産会社にくるお客様に安心感を与えるには、物件の写真などの他に、webに掲載する口コミも重要です。しかし口コミを掲載するときは、ネガティブな内容も包み隠さず載せるようにします。

・・・つづきはこちら

fudopaという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。fudopaは、物件探しや売却などの不動産取引を検討している人と、不動産業界の営業パーソンを繋ぐマッチングサイトです。

・・・つづきはこちら

web担当者がSEOで狙うべきキーワードは不動産の管理物件名です。物件名でのキーワードはスモールワードであるため、検索される数が少なく、競合も少ない傾向にあります。

・・・つづきはこちら

不動産物件を探しているターゲットに自社サイトへアクセスしてもらうためには、競合サイトを分析することが大切です。他社のwebサイトよりも魅力的に、注目を集めるサイトをつくりましょう。

・・・つづきはこちら

webで集客をする不動産会社も少なくありませんが、単に自社サイトをつくるだけでは集客は成功しません。webで集客を成功させるためのポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

webで集客をするためにSUUMOなどの不動産ポータルサイトを利用しようか検討している不動産もいるのではないでしょうか。SUUMOを活用する前に知っておくべきポイントがあります。

・・・つづきはこちら

不動産業界の中で、ドローンを使った空撮は、大きなメリットを持っています。webの活用が進む中、精度の高い情報を提供できるようになるため、質の高いサービスの提供が可能となるでしょう。

・・・つづきはこちら

webの活用は、不動産業界では必須のものになってきました。その中で注目されているのがオンライン内見です。遠隔地でも利用できるという強いメリットを持ち、高い効力を発揮します。

・・・つづきはこちら

不動産業界において、どの会社も当たり前のように自社のwebサイトを持っている時代です。しかし、ただ自社サイトを持っていても、意味がありません。競合サイトに負けない差別化が必要です。

・・・つづきはこちら

不動産業界の課題の一つは、情報伝達の差です。その課題をAIが解決してくれるかもしれません。24時間対応するAIのwebサービスがあり、営業効率を高めることができます。

・・・つづきはこちら

不動産を営んでいる方でWebサイトでの集客に悩みを感じている方はアクセス解析をおすすめします。サイトのどの部分に問題があって、どのように対策すれば良いのかということがわかります。

・・・つづきはこちら

現在では非常に多くの人がSNSを利用しておりますので、不動産でもSNSを広告に使うことができます。ターゲットや内容に応じて適切なSNSを使って効率的にマーケティングを行いましょう。

・・・つづきはこちら

IoTデバイスを活用して数多くの不動産の内覧をチェックできるシステムはすでに広がりを見せています。不動産を探す側からしても、販売する側からしても画期的なシステムです。

・・・つづきはこちら

C2C型の不動産流通形式はWEB上で貸主と借主がマッチングできるものです。賃料などの諸条件も直接交渉できるため、しっかり双方がよりよい話し合いをできる理由になるでしょう。

・・・つづきはこちら

不動産業界はARを活用して空き室情報を提供すると、web上に公開されている情報だけではわかりにくいことが伝わりやすく、手軽に好みの物件を探してもらうことができます。

・・・つづきはこちら

不動産を探すとき、多くの人はweb上などに公開されている間取り図を見て決めますが、間取り図だけではわからないこともあります。そのような場合はレゴブロックで再現してみましょう。

・・・つづきはこちら

不動産情報は各不動産会社で有しているものの、必ずしも正確な情報であるわけではありません。物件データの重複によって無駄になるのを避けるためにブロックチェーン技術を活用します。

・・・つづきはこちら

情報の見える化の実現によって単純作業を減らすことができます。お客様によりよい物件を提案するコンサルティング業務に力を注げるようになれば、お客様の満足度向上につながります。

・・・つづきはこちら

不動産業界におけるweb担当者は図面入り不動産広告の自動読み取り機能について知っておきましょう。これは紙媒体を自動で読み取るため様々な業務の効率化につながるとされています。

・・・つづきはこちら

不動産業界もwebを活用して集客をすることが多く、民泊事業における集客、運営にも便利なシステムが増えています。クラウドやIoTを用いたシステムは手間と時間の削減が可能です。

・・・つづきはこちら

当社しか行っていない事業のいろいろ

登記簿図書館登記情報が法務局よりも
安く便利に取得できる
JTNマップ地図から登記情報が
取得できる
登記情報の名寄せ機能名前・会社名から
登記情報を取得
登記見張り番登記変動があったもの
がすぐに判る
マンション索引簿分譲マンションの
登記情報取得に活躍
オーナーチェンジ速報地主・大家さんの動きが
リアルタイムに解る!
登記簿出前一丁FAX2時間以内
原本翌日配送