日本の資産家に関して

利用者規約
新規利用申込書 ログイン

ホーム > 土地やマンションなど不動産物件の売買には重要な登記情報 > 不動産業界のWEB担当者向けコンテンツマーケティング > 日本の資産家に関して

日本の資産家に関して

本当の資産家とは?

資産家というと「お金持ち」というイメージですが、日本の資産家というのは現金や有価証券などの金融資産を持っている人と、土地や建物といった不動産資産を持っている人がいます。
しかし、ただ現金を持っている人は、高級外車を購入したり、派手な生活をしたりすることで長期にわたり資産家といえるかは疑問です。
単なる高収入だというだけでなく、不動産として残している人こそが真の資産家といっていいでしょう。
不動産資産を持っている人は、その資産の運営ができるということでもあり、資産が資産を産みさらなる膨大な資産を持つ資産家となっていくのです。

日本の資産家の情報を知りたい時にはどうしたらいい?

昔は、高額納税者番付があったため、高収入の人はすぐに分かりましたが、現在は高額納税者番付がないので、簡単にはわからなくなりました。
しかし、アパート建築、コインパーキング、相続税対策の提案、投資信託やプライベート・バンキング等の提案、外車、宝石、絵画、美術品などのご案内、人間ドックや保険外診療の提案など、仕事上で資産家にアプローチをしたい場合、資産家の情報をどうしたら得ることが出来るのでしょうか?
そのような場合には、不動産資産を多くお持ちの方の情報を掴むことが出来る「登記簿図書館の資産家リスト」がおすすめです。
現在、日本では企業のデータベースはあっても、不動産資産家のデータベースは他にはありません。
「登記簿図書館の資産家リスト」は、登記簿図書館内にある、不動産登記情報のデータベースを名前でソートすることで、地域ごとに不動産を多くもっている方のリストを作成することが出来ます。
この資産家リストは、公の登記情報から取得しているため、アプローチされた方にとっても、名簿業者を活用した営業と違い、安心感があるでしょう。
また、ダイレクトメールを出す際にも「このDMは、法務局備付の登記簿等の公開情報から適時に情報を取得し、送付させて頂いております」の文言を添えれば、受け取り手の信頼感も得られるはずです。

(情報通信ネットワークの資産家データベースはこちら)



当社しか行っていない事業のいろいろ

登記簿図書館登記情報が法務局よりも
安く便利に取得できる
JTNマップ地図から登記情報が
取得できる
登記情報の名寄せ機能名前・会社名から
登記情報を取得
登記見張り番登記変動があったもの
がすぐに判る
マンション索引簿分譲マンションの
登記情報取得に活躍
オーナーチェンジ速報地主・大家さんの動きが
リアルタイムに解る!
登記簿出前一丁FAX2時間以内
原本翌日配送